FrEnDeEs日本の中国

Château Bonalgue

シャトー

安らぎの場
長い杉並木の敷地には、穏やかさと安らぎが漂います。すべてが自然に満ちており、湖に向かうように、畑、林、シャトーが見わたせます。この根本的調和が、常に、シャトー・デュ・クールラのワインの基盤となっています。

サンテミリオンの丘
ツタの絡まる外壁から塔が突き出たこの建物は、かつてモンターニュの男爵領主らの所有地でした。中世の、サンテミリオンのジュラードが結成された頃に、彼らが葡萄を植え始めました。リュサックの丘は、ヒトデ石灰岩が所々露出する粘土質の土壌で、そのクオリティが高く評価されている場所です。

相続の歴史
先々代のジャン・バティスト・オーディーの帽子を使ったくじ引きで、1950年、ピエール・ブーロットは、シャトー・デュ・クールラを転売の危機から救います。以来、栽培面積17ヘクタールのワイナリーは、ジャン・バティスト・ブーロットの指揮の下、リュサック・サンテミリオン地区の筆頭ワインとして君臨し続けています。

ワイン

「常にアペラシオンのトップクラスのワイン」
Parker
「サンテミリオン衛星地区の10大ワインの一つ」Decanter

秀逸のビジョン
ポムロールのテロワールで培った経験は、常にクールラに活かされており、ワイナリーには日を追うごとに、他所では見られない入念な配慮と手入れが施されています。また、醸造は長期熟成タイプのワインと同じ方法で行なわれています。

シャトー・デュ・クールラ "キュヴェ・ジャン・バティスト"
ピエール・ブーロットの祖父を称えるキュヴェ・ジャン・バティストは、ワイナリーで最も古いメルロを集めて、オーク樽で18ヶ月熟成させた、力強さと奥深さを備えたワインです。



シャトー・デュ・クールラ・クラシック
メルロを主要品種とし、少量のカベルネでバランスを整えたこのワインは、長い熟成期間(一部樽熟成)を経て、エレガンス、素直な果実味、柔らかなタンニンといった特徴が現れてきます。

ダウンロード

Château du Courlat Cuvée Jean-Baptiste

Château du Courlat